医療法人大光会 おおかど胃腸科クリニック
 
医療法人大光会 おおかど胃腸科クリニック
ホーム
インフォメーション
診療案内
院長・スタッフ紹介
施設・設備案内
最新の内視鏡検査・治療
最新の内視鏡検査
内視鏡検査でわかる病気
内視鏡検査の流れ
最新の内視鏡治療
最新ピロリ菌検査・除菌
よくあるご質問
交通アクセス
お問い合わせ
リンク・個人情報保護方針

ピロリ検査・除菌

検査から除菌までの流れ

ピロリ菌とは?
ピロリ菌は人の胃の粘膜に生息しているらせん形の細菌で、正式名はヘリコバ クター・ピロリ菌と言います。体長は約4ミクロンと、とても小さく4〜8本 の鞭毛が生えていて、その鞭毛を動かして移動します。多くの細菌は胃の中で は生きていけませんが、ピロリ菌は胃の粘膜にもぐり込み自分の持っている酵素 (ウレアーゼ)によって胃酸を中和し、胃の中でも生き続けることができるのです。 日本人の場合、50才以上の人ではピロリ菌に感染している人の割合が高く、70〜80%の保菌率といわれています。以前の衛生状態の悪い環境下で井戸水や食べ物などを介して経口感染した人が多いとされています。

このピロリ菌が胃がんや胃・十二指腸潰瘍などの発生に関係していることが分かってきました。ピロリ菌を除菌することによって胃がんになるリスクを減少させ、胃・十二指腸潰瘍の再発を抑制することができます。
ピロリ菌の写真



除菌療法対象者
まずは、除菌療法の対象となる病気があるかどうかを胃内視鏡検査などの検査で行い、ピロリ菌に感染しているかどうかを調べます。
慢性胃炎(萎縮性胃炎)を認めたり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍があれば、ピロリ菌の検査を行い、ピロリ菌感染者は保険診療での除菌療法対象者となります。その他、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃の患者さんでピロリ菌に感染している人たちも対象者です。



ピロリ菌検査

ピロリ菌感染の有無は、胃内視鏡検査時に粘膜組織をとって調べる「迅速ウレアーゼ試験」や採血による「抗体検査」、検査薬内服後に息をはいて判定する「尿素呼気試験」など行って調べることができます。

@内視鏡検査を使う方法

迅速ウレアーゼ試験
ピロリ菌が持つウレアーゼという、尿素を分解する酵素の活性を利用して調べます

鏡検法
胃粘膜組織内に存在するピロリ菌を直接顕微鏡にて確認する方法です。

培養法
胃の組織をピロリ菌の発育し易い環境下で培養して判定します。


内視鏡
   
A内視鏡を使わない方法

抗体測定(血液、尿)
ピロリ菌に感染した時にできる抗体を調べて判定する方法です。

尿素呼気試験
最も精度の高い検査です。検査薬服用前後の呼気を集め、分解された CO2の量を測定して診断します。

便中抗原測定
糞便中のピロリ菌の抗原の有無を調べる方法です。


尿素呼気試験イメージ



除菌療法
ピロリ菌の除菌療法とは1種類の「胃酸の分泌を抑える薬」と2種類の「抗菌薬」の合計3剤を同時に1日2回、7日間服用する治療法です。
薬の種類を組みかえた一次除菌薬と二次除菌薬があります。ピロリ菌の除菌はまず一次除菌薬を1週間内服していただき、内服終了後4〜5週間後に尿素呼気試験などにて除菌の判定をします。除菌が不成功であった場合には薬の種類を変えて二次除菌を行い、4〜5週間後に除菌の判定を行います。一次除菌の成功率は70〜80%程度です。なお二次除菌までの成功率は95%と高い除菌率ですのでほとんどの方が除菌できます。

除菌中は抗生物質の影響で便が緩くなることがありますが、治療終了とともに改善してきます。また、除菌後の影響として胃酸の分泌が高まり、胸やけなどの逆流症状が出現、増悪することがあります。

ピロリ菌がいた場合、ピロリ菌の除菌が成功すると胃がんの発症リスクは減少しますが、がんになる可能性はピロリ菌のいなかった人に比べると高いので、その後も定期的な内視鏡検査をお勧めします。

このページの先頭へ

このページの先頭へ
医療法人大光会 おおかど胃腸科クリニック